alert、犯罪か(JS)

Posted by OUCC 某部員 (2018 3/05)

さて、近頃兵庫県警がJavaScriptのalertを用いたブラクラの不正プログラムで中学生を補導する、というある種センセーショナルな事件が起きた。この事件は各方面で物議を起こしているが、筆者は「積極的なITに関する啓蒙」を声を大にして言いたい。

そもそもJavaScriptのalertとは、webブラウザにおいてクライアントに対しメッセージを発信する機能である。そしてこれはJavaScript学習者が最初期に学ぶものである。したがって、alert機能による不正プログラムを補導レベルとみなした県警は、JavaScriptの触りの部分の知識すらままならない可能性もあったのである。

今の社会、犯罪は多様化している。その中でもサイバー攻撃はIT技術への素養なくしては防ぎようのない犯罪である。このような犯罪に対応するためにも、日本の安全を守る警察の方にはよりITを学ぶ機会を設けてもらいたいものだ。

(駄文失礼しました、今回の件を知ってあまりにも衝撃だったため書かせてもらいました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です