OUCCプログラミング班とは

OUCCプログラミング班は、プログラミングに関する技術的な交流を目的として活動している、OUCC内のグループです。 一年を通じて勉強会や、プロジェクトとして作品(ゲームなど)製作を行なっています。 部内の中でも、一番規模が大きく、活動頻度も高い班です。

特定の言語や分野などにこだわりはなく、Webアプリからネイティブアプリまで、 班員個々人が自分の興味に合わせて技術的な活動を行なっています。 班全体の傾向としては、Windows上でC#やC++によるゲーム、PythonによるWebアプリの製作、 および勉強会や専門書の読書会の実施・参加が主です。

活動内容

製作
毎年秋の学祭であるまちかね祭にて、C#やC++により、Windows上で動作する「占い」プログラムやゲーム制作と展示を行なっております。 また、年度末頃に部で行なっている製作合宿への参加者も多いです。
勉強会・読書会
班内で行ったり、学外の方を阪大にお招きして実施しています。 外部の勉強会への参加も行なっており、 特に、最近は一年に一度、立命館大学さん主催の、 京大など関西の主要な大学の情報系団体が連合で行なっている関西情報系団体交流会(KC3)に参加しています。

これまでの班による活動は こちら もご覧ください。

最終更新日 2013 / 03 / 25