UNIX V6読書会のお知らせ

こんにちは、久しぶりの更新となりますね。
今回は7/7に第二回が開催されるUNIX V6読書会のお知らせをしたいと思います。

毎年、OUCCでは、部員のみならず様々な方とも連携して勉強会を行っています。
去年も「すごいHaskell楽しく学ぼう」の読書会を開催していましたが、
今年は、有志の手により「はじめてのOSコードリーディング ~UNIX V6で学ぶカーネルのしくみ」の読書会の企画が進行中です。
みなさんが普段使っているOSの基本的な仕組みについて輪講形式でゆっくり読み進めてながら理解していきたいと思っています。
本の内容はなかなか難解ではありますが、OUCCの勉強会の例に漏れずゆるい雰囲気の会となっておりますので皆さんお気軽にお越し下さい。

次回の開催は上でもお知らせした通り7/7(日)です。場所は大阪大学の図書館にあるグローバルコモンズで、朝の10時からとなっています。
内容としては、3章の4節から8節までを中心に進めていく予定です。
読書会となっておりますので、強制ではありませんが事前に該当箇所に一通り目を通してきて頂けるとスムーズに進行できると思います。
詳しくはAtnd ( http://atnd.org/events/40839 )をご覧下さい。

何か不明な点のある方はinfo@oucc.orgまでよろしくお願いします。
それでは、皆さんのご参加をお待ちしております。

第五回Haskell勉強会開催のおしらせ

プログラミング班班長です。

前回のHaskell勉強会の参加者の皆さん、ありがとうございます。第五回Haskell勉強会の開催が決定しました。

どなたでも参加希望、飛び入り参加は歓迎しています。ぜひともお越し下さい。

1. 概要

前回と同様、「すごいHaskellたのしく学ぼう!」という本(通称:すごいH本)の輪講形式による読書会を開催します。輪講形式とは、全員が指定された範囲の本を読み、特定の人がその内容をまとめ、発表し、皆で議論するという物です。

今回の範囲は、12~14章までの予定です。あらかじめ予習してください。

前回までの資料はそのうちにアップします。

2. 日時/場所

候補が2つあります。

3/2か3/3の 13:00から4時間くらい

大阪大学付属総合図書館(豊中図書館)グローバルコモンズ

3. 参考書

先に言及しました、勉強会で用いる教科書は以下の通りになります。

「すごいHaskellたのしく学ぼう!」オーム社 2012年
Miran Lipovača著 田中英行・村主崇行共訳
本体 2,800円、PDF 2,240円

http://estore.ohmsha.co.jp/titles/978427406885P 

電子書籍版が安いですが、生協会員なら生協で安く買う事も出来ます。

また、英語版はweb上で無料で公開されています。
http://learnyouahaskell.com/
章構成が一章ほどズレているようですので、この本を使って予習する場合には注意してください。

4.参加希望

可能な方は以下のURLにて参加登録と、参加可能日の登録をお願いします。

http://atnd.org/events/36930 

もし、ATNDに参加登録が出来ない場合は以下のメールアドレスまで(1)名前(2)所属(3)希望日程を記載して連絡ください。

info@oucc.org

第四回Haskell勉強会開催のお知らせ

プログラミング班班長です。

先月は第四回Haskell勉強会を開催できず、申し訳有りませんでした。1月は部屋を取ることができたため、勉強会を開催します。

どなたでも参加希望、飛び入り参加は歓迎しています。ぜひともお越し下さい。

1. 概要

前回と同様、「すごいHaskellたのしく学ぼう!」という本(通称:すごいH本)の輪講形式による読書会を開催します。輪講形式とは、全員が指定された範囲の本を読み、特定の人がその内容をまとめ、発表し、皆で議論するという物です。

今回の範囲は、11~13章までの予定です。あらかじめ予習する事を推奨しています。web版の11~12章に対応しています。

前回までの資料はそのうちにアップします。

2. 日時/場所

1/27(日) 13:00から4時間くらい

大阪大学付属総合図書館(豊中図書館)グローバルコモンズ

3. 参考書

先に言及しました、勉強会で用いる教科書は以下の通りになります。

「すごいHaskellたのしく学ぼう!」オーム社 2012年
Miran Lipovača著 田中英行・村主崇行共訳
本体 2,800円、PDF 2,240円

http://estore.ohmsha.co.jp/titles/978427406885P 

電子書籍版が安いですが、生協会員なら生協で安く買う事も出来ます。

また、英語版はweb上で無料で公開されています。
http://learnyouahaskell.com/
章構成が一章ほどズレているようですので、この本を使って予習する場合には注意してください。

4.参加希望

この勉強会は飛び入り参加可能とは書きましたが、ある程度は人数の把握を行いたい関係から、参加希望者を募っています。

参加希望者の方は、下記メールアドレスまで「参加希望である旨」と「発表も可であるか」を記載して連絡ください。

期限は1/22(火)いっぱいまでとさせてもらいます。

info@oucc.org

期日を過ぎても受け付けていますし、飛び入り参加も歓迎です。

第三回 Haskell勉強会のお知らせ

プログラミング班班長です。

OUCCプログラミング班主催で行ってきたhaskell勉強会も第三回を迎えました。

現在でも参加希望者、飛び入り参加は歓迎しています。ぜひともお越し下さい。

1. 概要

前回と同様、「すごいHaskellたのしく学ぼう!」という本(通称:すごいH本)の輪講形式による読書会を開催します。輪講形式とは、全員が指定された範囲の本を読み、特定の人がその内容をまとめ、発表し、皆で議論するという物です。

今回の範囲は、8~11章までの予定です。あらかじめ予習しておく事で理解が捗るため、推奨しています。

前回までの資料は後々アップしますので参考にしてください。

2. 日時/場所

11/23(金) 13:00から3時間くらい

大阪大学付属総合図書館(豊中図書館)グローバルコモンズのどこか

で開催します。詳細は追って更新します。

3. 参考書

先に言及しました、勉強会で用いる教科書は以下の通りになります。

「すごいHaskellたのしく学ぼう!」オーム社 2012年
Miran Lipovača著 田中英行・村主崇行共訳
本体 2,800円、PDF 2,240円

http://estore.ohmsha.co.jp/titles/978427406885P 

電子書籍版が安いですが、生協会員なら生協で安く買う事も出来ます。

また、英語版はweb上で無料で公開されています。
http://learnyouahaskell.com/
章構成が一章ほどズレているようですので、この本を使って予習する場合には注意してください。

4.参加希望

この勉強会は飛び入り参加可能とは書きましたが、ある程度は人数の把握を行いたい関係から、参加希望者を募っています。

参加希望者の方は、下記メールアドレスまで「参加希望である旨」と「スライドを作成し発表したいと考えているか」を記載して連絡ください。

info@oucc.org

5.追記

10+11章で一人の担当でしたが、予想以上に10章のページ数が多く、一人で担当するには厳しいという事でした。そのため、予習範囲を8章から10章までに狭めます。

突然の変更となりますが、よろしくお願いします。

第0回 JavaScript入門 と 初心者講習会

部長兼プログラミング班のyustorisです。

今日は部外の方の協力を得て、JavaScript入門勉強会を行いました。基本的な文法からオブジェクト指向的なコーディングの実現に関する部分まで、という内容です。

割と突発的に始めたので方向性がまだ微妙に未定ですが、今後CoffeeScriptなどを扱いつつ、JavaScriptの特性を見ていこうという風になるかと思います。

 

また、遅くなりましたが、先日4/15(日)に行ったプログラミング班主催の初心者講習会に来て下さった新入生の皆さん、ありがとうございました!

参加された新入生に少しでもプログラミングの雰囲気を感じていただけたならば主催者冥利に尽きます。当日利用した資料も後日公開する予定です。

プログラミング班初心者講習会のお知らせ

プログラミング班員兼部長のyustorisです。

サイトのトップには既に告知済みですが、プログラミング班による新入生対象の初心者講習会、「はやめぐりプログラミング」を4/15(日)に部室にて、13時から行います!

内容はプログラミングをやったことが無いという人向けで、プログラムを制作するということがどういうことであるか、ということを体験してもらおうというものです。大体2時間ほどを予定しています。

具体的には、以下の特徴的な2種類(時間的に余裕ができれば3つ目も考えます)のプログラミング言語に、軽く触れながら、実際に目に見える「モノ」を作っていきます。

  • Ruby
  • C#

作っていく「モノ」は、RubyではDXRubyを用いた簡単なゲームもどきを、C#では以下のようなある幾何学模様(コッホ曲線)を描くアプリを考えています。

つくるもの(コッホ曲線)
C#でつくるモノ(コッホ曲線)

両方とも、作るのにかかる時間は短いながら、目に見える形で出来上がる楽しみを味わえるもの、と考えて題材を選んでみましたので、春からプログラミングを経験してみたい新入生の方は、ぜひぜひ15日お越しくださいませ。

ではではー